口の中の不衛生が肺炎の原因に?!

日本人の死因はガン、脳血管疾患、心疾患の3つが上位を占めています。ですが、寝たきりなどの介護が必要な人の死因は1位が肺炎(33%)で2位が感染症(19%)、3位が心不全となっています。つまり細菌感染が大きな原因となっています。

高齢者の肺炎は口の中の細菌が原因で起こる肺炎が多いと言われています。つまり、口の中の唾液の中の細菌が誤って肺に入ることによる誤嚥性肺炎です。そのほとんどは本人も気がつかないまま、眠っている間に起こっていると言われています。つまり口の中の不衛生が原因で起こっているのです。

そこでこれを予防するために口の中を清潔にする必要があります。しかし、要介護の方は手足の自由が利かないことが多く、自分で歯磨きをきちんと行うことができませんので、周囲の人の協力が欠かせません。また、総入れ歯の場合でも、時々殺菌成分の入っている洗浄剤に入れたりしておかないと、細菌が繁殖する原因となります。

要介護の方も時々は歯科検診を受けることをお勧めします。歯科医院に出向くことは難しいでしょうから、往診を行っている歯科医院に問い合わせてみると良いでしょう。それぞれの人に合ったお口のケア方法などについてもアドバイスをもらえるはずです。

  カテゴリ:予防歯科 and tagged , ,