健康にいい酢も歯には害になることも

黒酢などの健康酢をダイエットや健康のために摂っている方もいることでしょう。健康のため、ダイエットのためとなると1日に何度も摂りたくなりますね。しかし、酢は健康にいい反面、気をつけなければならないことがあります。

それは酢に含まれる酸の影響で、歯が溶けてしまう、ということです。酸で溶けてしまった歯を酸蝕歯と呼んでいますが、健康に気を使って、健康酢を日常的にたくさん飲んでいる人ほど、この酸蝕歯がよくみられます。これは酢だけに限らず、例えば柑橘系のものをたくさん食べる人にもこの傾向がみられます。みかん農家の人はみかんをたくさん食べるため、歯が弱い人が多いそうです。炭酸飲料、ワインや酢の物、ドレッシングなども摂りすぎは要注意です。

では、酸蝕歯は具体的にどのようになるかというと、まるで虫歯のように凹んだり、すり減ったり歯が薄くなったりします。ひどくなると歯がボロボロになります。酸蝕歯を予防する対策を挙げますので参考にしてみてください。

■酸蝕歯の予防と対策

1.酸性食品をなるべく控える
酸っぱい物をよく口にする人は控えめにしてみましょう。

2.酸性食品を口にしたら、すぐに水やお茶を飲んだり、口をゆすぐ
酸が歯を溶かす前に洗い流してしまいましょう。

3.酸っぱい物を食べた後にすぐ歯磨きをしない
食後は歯が酸性になっています。酸性食品をとった後はなおさらです。そこでブラシをあててしまうと、歯が削れやすくなってしまいます。

  カテゴリ:虫歯予防 and tagged ,