噛み合わせ・歯並びとスポーツとの関係

スポーツをする人にとって噛み合わせが非常に大事だということをご存知ですか?「歯を食いしばって頑張る」ともいうように、人は力を発揮する時にぐっと歯を食いしばるものです。ところが噛み合わせが悪いと、噛む筋肉のバランスが悪くなり、重心がぶれやすくなってバランス感覚が悪くなります。また、ここぞという時にぐっと噛みしめる力が弱いために力を十分に発揮できないのです。

また、歯並びが悪くて口の中のスペースが狭いと、舌が口の中にきちんと収まりきらず結果的に喉の方に落ち込むことになります。そうすると、酸素が効率よく取り込めなるために、脳に酸素が行きづらくなり、集中力の欠如、体力が続かない、ということが起こります。また、ガタガタの歯並びは虫歯や歯周病にかかりやすく、歯の調子が悪くなりがちで噛みしめることがより一層できなくなってしまいます。

さらに、咀嚼効率も落ちますので、食事の際にしっかり噛めずに栄養の吸収も落ちがちです。そもそもよく噛んで食べる、というのは健康の基本です。

有名なスポーツ選手でも、歯並びを治して結果を飛躍的に高めた人たちがいます。このように、良い歯並び、良い噛み合わせ、というのは見た目だけの問題ではないのですね。

  カテゴリ:噛み合わせ and tagged , ,