お口にもプロバイオティクス

お腹の健康にプロバイオティクス、というのはよく知られており、実践している人も多いでしょう。プロバイオティクスとは、善玉菌を多く体に取り込むことにより、悪玉菌の住処をなくして環境をよくしよう、という試みのことをいいますが、これは口の中にも当てはまります。口内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスによって口の中の疾患にかかりやすいかどうかというのが決まってきます。

そこで、お口のプロバイオティクスにおいて、実際に商品化されているもので代表的なものとして「乳酸菌LS1(L.サリバリウス)」や「バイオガイヤ(L.ロイテリ菌)」などがあります。LS1は歯周病菌の中でも最も問題を起こす原因となっている悪玉菌P.g菌(P.ジンジバリス菌)の減少に効果があると言われています。バイオガイヤは5種類の歯周病菌に効果があるとされています。いずれもタブレット(錠剤)で、口の中で舐めて口の中にとどめておくことで効果を発揮します。

歯科医院やインターネットなどの通販で購入が可能です。口内環境をよくして、大切な歯を守っていきましょう。

  カテゴリ:歯周病予防 and tagged , , , , , ,